美術、音楽、文化、建築 / 大人の特別な旅行

大人の趣味の赴くままに。日経旅行

資料請求・お問い合わせ
  • 国内旅行 03-5259-2660
  • 海外旅行 03-5259-2666
  • 受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

セミナー情報

学ぶよろこび、知るたのしみ

旅行説明会&「カルチャーサロン」

全2回連続(週イチ)講座

〜映画記者と活動弁士が小津映画を語る〜
日本映画入門
「映画監督 小津安二郎」

『東京物語』などの名作を生んだ
世界に誇る日本映画界の巨匠

日本を代表する映画監督 小津安二郎(おづ・やすじろう 1903〜63年)は、1930年代と50年代の2つの映画黄金時代を含む長いキャリアの中で多くの傑作を残しました。「晩春」「東京物語」など家族の変容を描いた作品がよく知られていますが、初期の無声映画から晩年のカラー作品までその内容は多岐にわたります。古風で日本的で穏やかだと思われがちな作家ですが、驚くほどモダンでバタ臭く躍動感のある作品もあります。そんな小津が一貫して凝視したものは何なのでしょう?
この講座では日本経済新聞の映画記者と無声映画を“語り”で表現する活動弁士の視点から、「小津映画」の魅力を深く掘り下げご紹介いたします。

 
日 時
第1回:9月30日(木)/第2回:10月7日(木) 第1回:9月30日(木)
    「小津映画のモダニズム」
第2回:10月7日(木)
    「活動弁士からみた小津映画」

全2回 各回ともに14時開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行
人員
20名
参加費
お1人様 9,000円(全2回)

お申し込み・お問い合せはこちら

【第1回】講師 古賀 重樹氏(日本経済新聞 編集委員)
著書「1秒24コマの美/黒澤明・小津安二郎・溝口健二」(日本経済新聞出版社)

映画記者が作品中の絵画や風景などからモダニストとしての小津に迫る

【第2回】講師 澤登 翠氏(活動弁士)
※講座では小津作品『大学は出たけれど』(現存する11分程の断片/サイレント)の活弁の実演を行います。協力:マツダ映画社

無声映画に説明や台詞を付ける活動写真弁士。その第一人者・澤登翠氏がサイレント時代の小津映画の魅力を語る

全3回連続(週イチ)講座<各回120分講座>

初めて学ぶ、古事記
神武東征から始まる
「人の代(ひとのよ)」の物語

古事記研究の第一人者 三浦佑之先生が語る

『古事記』中巻に伝えられた天皇たちの伝承を読みながら、ヤマト王権の誕生、天皇による治政、皇位の継承などについてお話をする予定です。いわゆる「神武東征」と呼ばれるヤマトでの即位、パンデミック(感染爆発)による国家の危機、天皇の血筋のつなげ方などについて、近代や現代あるいは今まさに起こっている出来事とも重ねながら『古事記』の伝承を読んでみたいと思っています。

 
日 時
第1回:10月26日(火)/第2回:11月2日(火)/第3回:11月9日(火) 第1回:10月26日(火)
    初代天皇の即位~カムヤマトイハレビコ(神武天皇)の東征
第2回:11月2日(火)
    パンデミック~ミマキイリヒコ(崇神天皇)の祭祀
第3回:11月9日(火)
    皇位の継承と争乱~イクメイリビコ(垂仁天皇)の時代

全3回 各回ともに14時開始(約120分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行
人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

講師 三浦 佑之(みうら すけゆき)氏
1946年、三重県生まれ。千葉大学教授・立正大教授を経て現在、千葉大学名誉教授。2002年に出版した『口語訳古事記 完全版』がベストセラーになるなど、「古事記」に関する著書多数。

全3回連続(週イチ)講座

西洋教会建築入門
《聖堂の見かた、感じかた》

3つの聖堂から、
時代と地域によって異なる特色を学ぶ

時代と地域により大きく異なる姿を見せるヨーロッパの聖堂の数々。今回の講座では、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスのそれぞれの時代の聖堂を一つづつ採り上げながら、様式の違いを学びます。また、教会内部の彫刻や壁画などにも親しむと同時に、都市と聖堂の発展の関係にも迫ります。

 
日 時
第1回:11月1日(月)/第2回:11月8日(月)/第3回:11月15日(月) 第1回:11月1日(月)
    サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂〜巡礼文化とロマネスク建築
第2回:11月8日(月)
    パリ大聖堂〜都市文化の発展とゴシック建築
第3回:11月15日(月)
    メディチ家礼拝堂〜ルネッサンスのパトロンたち

全3回 各回ともに14時開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行
人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

【講師】茅根 紀子(ちのね のりこ)氏
ミュンヘン大学美術史学研究所博士課程修了。早稲田大学文学部助手を経て、立教大学兼任講師、上智大学非常勤講師。専門分野はアルプス以北の中世・ルネサンス美術史。

全3回連続(週イチ)講座<各回120分講座>

NHK大河ドラマの時代考証を歴任・東京学芸大学名誉教授 大石学先生の特別講義
古地図、浮世絵、地形・地名で読み解く江戸の町

すっかり近代化された「東京」の風景ですが、目をこらすと、さまざまな場所に「江戸」が見えてきます。
もと江戸城の皇居をはじめ、神社、寺院、道路、地形、地名、祭礼、生活にいたるまで、東京の隅々に江戸を見、感じることができます。
世界史でも珍しい250年以上の「平和」を達成した江戸が現代に何を残しているか、古地図、浮世絵、地形、地名などを頼りに、改めて確認します。

 
日 時
第1回 11月17日(水)/第2回 11月24日(水)/第3回 12月 1日(水) 第1回 11月17日(水):
江戸時代前期 首都江戸の誕生
第2回 11月24日(水):
江戸時代中期 「百万都市」への発展
第3回 12月 1日(水):
江戸時代後期 幕末から明治へ

全3回 各回ともに14時開始(約120分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行
人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

【講師】大石 学(おおいし まなぶ)氏
1953年、東京都生まれ。
現在、東京学芸大学名誉教授。
2009年に時代考証学会を設立し同会会長を務める。
専門は日本近世史。
NHK大河ドラマ「新選組!」「篤姫」「龍馬伝」「八重の桜」「花燃ゆ」「西郷どん」等の時代考証を担当。

全3回連続(週イチ)講座

はじめて学ぶ、
日本の神様

日本には八百万の神々という言い方があります。とにかくたくさんの神々がいるという意味ですが、それではいったいどんな神様たちがいるのでしょうか。神話の中の神様たちや神社にお祀りされている神様たち。さまざまな風習と関わる神様たちも。多様な神様たちの姿を、関連する神話、伝説やゆかりの神社とともに紹介していきたいと思います。

 
日 時
第1回:11月30日(火)/第2回:12月7日(火)/第3回:12月14日(火) 第1回:11月30日(火)
    日本の神様入門
    ~いろんなタイプの神様
第2回:12月7日(火)
    ありがたい神様たち
    ~御利益から知る神様
第3回:12月14日(火)
    神様たちの意外な顔
    ~なぜ神様になるのか

全3回 各回ともに13時30分開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行
人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

<第1回>日本の神様入門 ~いろんなタイプの神様
日本の神様にはいったいどんなタイプがあるのでしょうか。そして、有名な神様たちの物語はどのようなものなのでしょう。日本人と神様の関係や歴史をひもときながら考えていきます。
<第2回>ありがたい神様たち ~御利益から知る神様
縁結びや学業成就、人々はさまざまな願いを神様たちに託します。でも、なぜその神様は縁結びを願われているのでしょうか?商売繁盛の神様は、商売をしたのでしょうか?神様たちと御利益の関係を考えます。
<第3回>神様たちの意外な顔 ~なぜ神様になるのか
神様たちのなかには、神話のなかで悪役だったり、人を襲う恐ろしい妖怪のような存在もいます。なぜ神になったのか、という謎を考えながら、日本人と神様の深い関係を考えていきます。

【講師】平藤 喜久子(ひらふじ きくこ)氏
1972年、山形県生まれ。國學院大學教授。専門は神話学。主な著書に『日本の神様解剖図鑑』(エクスナレッジ)などがある。NHK Eテレ「趣味どきっ!ニッポン神社めぐり」(2018年1~2月期・2019年12月~2020年1月期放映)出演。

全3回連続(週イチ)講座

【はじめて学ぶ、日本の伝統芸能】
能楽の見方、楽しみ方
~知っておきたい 伝統芸能の基礎知識~

室町時代から現代に連綿と受け継がれてきた日本最古の舞台芸術『能楽』。
能楽師として多彩に活躍する中森貫太氏 (観世流シテ方能楽師・鎌倉能舞台業務理事)を講師に迎え、≪能≫≪狂言≫の歴史や成り立ち、鑑賞のポイント、様々な形式や約束事をわかりやすく解説いたします。
難解なイメージの伝統芸能ですが、基礎知識を押えるだけでぐんと身近なものとなります。
日本の古典芸能に興味はあるのにきっかけがつかめないという人のための、初心者向けの入門講座です。

 
日 時
12月6日(月)・13日(月)・20日(月) 12月6日(月)・13日(月)・20日(月)

各回ともに15時開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行
人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

【講師】中森 貫太(なかもり かんた) 氏 (観世流シテ方能楽師・鎌倉能舞台業務理事)

ページトップへ

文化、建築、大人 の趣味の赴くままに / 大人の特別な旅行 | 日経カルチャー

Ⓒ Nikkei Culture Inc.