国内旅行

旅行コード
3856

わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車と
「宝徳寺」の床もみじ限定公開
渋沢栄一のふるさと「深谷」と
世界遺産&国宝 富岡製糸場

秋色に移り変わる秘境列車と軽井沢浅間プリンスホテルに泊まる

軽井沢浅間プリンスホテル外観

軽井沢浅間プリンスホテル 外観/イメージ

出発月
11月
主な方面
群馬・埼玉
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

軽井沢浅間プリンスホテル

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
6名
旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2021年11月12日(金)〜2021年11月13日(土)
135,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し

わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車

渡良瀬川の渓谷が広がり、吹き込む風を全身で受けながら秘境の地をゆっくりと走るトロッコ列車にゆられ秋の深まりを感じながら自然の織りなす美しい景色をお愉しみいただきます。

 

宝徳寺

境内にある100本以上のもみじと関東百名山でもある鳴神山の紅葉とともに、赤色や黄色に彩られた「 紅葉浄土」の世界をお楽しみいただけます。また、関東では大変珍しい「床もみじ」を限定公開致します。

 

渋沢栄一のふるさと深谷

明治20年に日本煉瓦製造会社を設立し、翌年上敷免に工場をつくります。 日本煉瓦製造会社で製造されたレンガは、明治時代の代表的な建築である司法省・日本銀行・迎賓館赤坂離宮・東京駅などに使われ、日本の近代化の象徴となります。これを縁として、JR深谷駅は東京駅を模した駅舎となっています。

 

軽井沢浅間プリンスホテル

静かな立地と豊かな自然に囲まれた南軽井沢にあり、2019年には温泉棟も完備されました。

 

世界遺産&国宝 富岡製糸場

明治政府は、明治3年(1870年)、貿易による外貨獲得のため、模範的な洋式製糸工場の建設を計画しました。 富岡製糸場設置主任の渋沢栄一らの主導のもと、尾高惇忠が創立責任者に任命され、またフランス人技師ポール・ブリュナを建設技術者に迎え、現在の群馬県富岡市に建設が進められました。平成26年、「富岡製糸場と絹産業遺産群」は世界文化遺産に登録されました。

 

スターペガサスの旅

わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車と「宝徳寺」の床もみじ限定公開渋沢栄一のふるさと「深谷」と世界遺産&国宝 富岡製糸場

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号